夜行バスは長距離が多い

夜行バスを利用する人はたくさんいて、特に長距離での利用が多いようです。
夜行バスのメリットはなんといっても、費用が安いということです。
長距離の場合は電車や飛行機という移動手段が考えられますが、こういった移動手段を利用すると、バスの2倍以上の費用がかかってしまいます。
夜行バスであれば、長距離であっても、夜中に走っているので、寝ている間に到着地に向かうことができます。
ですから、どんなに長距離であってもそれほど時間を気にする必要がありません。
人は夜はだいたい寝ているので、バスという環境においても寝れる人にとっては、いつもとさほど生活習慣を変えずに体だけを移動させることができます。
また、電車や飛行機は昼間の間に運航していることが多く、移動時間がバスよりも早くても、活動している時間に移動するので、結局実質活動できる時間はある程度制限されてしまいます。
しかし、バスであれば到着するのが朝早いので、実質活動できる時間はたくさんあるということになります。
Copyright (C) 夜行バスの特徴について All Rights Reserved.